医院・設備紹介

ブログ

猫エイズは予防できる

 

一度感染すると完治はしない病気

猫免疫不全ウイルス感染症、通称”猫エイズ”猫に感染すると免疫力が低下して、色々の病気に感染しやすくなる。一度感染すると完治せず、発症すれば死に至と言う、猫の感染症の危険な病気の一つです

ウイルスは感染猫の、血液・唾液中に含まれており感染原因は直接的の接触によるもの、ケンカによる噛み傷から唾液を介して感染するケースが考えられています。

空気感染の心配はなく母猫から子猫への感染の可能性も低く、人への感染はありません。

猫エイズは感染から発症まで長い経過をたどり、感染数カ月は発熱・リンパ節の腫れなど風邪のような症状がみられる。微熱があり元気がない日が続くときは要注意、日本の外猫の感染率は10%以上とも言われているが、一番の予防は感染猫と接触させないことです。

ワクチン接種で予防を徹底

今はワクチンで予防できるようになりました、外出して他の猫と接触する機会のある猫・多頭飼育の中にエイズ感染猫がいる場合はもちろん、室内飼育でも万一に備えてワクチン接種をすることが望ましい。

さらに愛猫が感染しているか確認することも大切。もし感染があればストレスの少ない環境で、抵抗力を維持し・発症を遅らす配慮が必要となる。

第一回 みんなの勉強会  これから少しづつお知らせしていきます。DSC07705

 

 

2015年2月11日