医院・設備紹介

ブログ

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。この年末年始でワンちゃん猫ちゃんとゆっくり過ごされている飼い主さんも多いのではないでしょうか。動物と一緒に過ごすと、オキシトシンというホルモンの分泌が活発になり、ストレスが軽減され心が安らぐと言われています。今年も沢山動物に癒されて楽しく過ごせる時間が多いといいですね。

そして、今年は戌年という事で犬好きの私達にとっては、良い事が起こりそうな気がしています!

今年もワンちゃん猫ちゃんに役立つ情報や関係ない情報もシェアしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

image1 2

2018年1月2日

ロンドン便り〜アバウトな感覚

 

ロンドンに来てから、時々「これは日本ではあり得ないなぁ」と思うような表示があります。
まずは、バスの時刻表。
来る時間の表記が「About every 15 minutes」とあります。「大体15分おきに来ます」っていう事ですが、確かに大体それくらいの間隔で来て30分遅れることもあります。
お次は隣町ハムステッドの美味しいと評判のクレープ屋さん。営業時間の表記が「Friday, Saturday, Sunday,Sometimes other evenings」。週末と時々別の日の夕方もやってまーす!という感じの表記です。

アバウトな感覚は時々起こる家の水回りのトラブルで水道業者を呼ぶ時も同じです。トイレの水が流れっぱなしで水道業者を呼ぶと、午前中に来るから家で待機していてくれとの事で待っていると来ないので、問い合わせてみると今度は2時までに来るという事で待機。また来ないので問い合わせると5時までに来るという事で待機。そして6時まで待って来ないのでもう諦めてやっとその日のスーパーへの買い物に出掛けるという始末です。

色々な国籍の人がいるのでこういうのもありなんだなぁとビックリする一方で、慣れて来ると日本のように息苦しさを感じずにいいなぁと思います。

 

image1image1 2

2017年12月18日

ペットの手作り食

ロンドンで普段行っているスーパーにはほとんどの食材にオーガニックかそうでないものかの選択肢が与えられており、健康志向の高い人達は少し高くても野菜はオーガニック、肉も卵もフリーレンジと言って家畜を放牧させたものの商品を選びます。食の安全が法的に守られていない事が多いので食の意識が高い人や健康志向の強い人が選べる選択肢が与えられているのだとか。。。国民の健康志向を高めるために、チャールズ皇太子ブランドというのもあります。

そんな中で、ペットフレンドリーなイギリスでは犬にも健康に良いものを与えようと、手作り食が少し前から注目されていて病気の予防や皮膚病の改善などに一役かっています。手作り食にも色々とあり、火を通すものとそうでないものがあり、火を通さない食事の与え方をローフード(Raw Food)生食と呼び、生肉や生の骨を与え加熱してしまうと効果のない酵素などを自然に近い形で摂取するというものです。私もロンドンに来るまで聞いた事がなかったのですが、こちらで犬を飼っている人は一度は聞いた事があるみたいです。自分でバランスの良い生食を用意するのはかなりの手間がかかるので、太いソーセージ状になったようなものを注文して冷蔵庫で保存して数日以内に使うなどという生食販売会社もあるようです。

https://honeysrealdogfood.com/

英語のサイトですが、動画のレシピなどもあったので見てみると面白いかもしれません。

2017年12月14日

年末年始 休診のお知らせ

年末年始の休診日は

2017年

12月30日(土)午後

12月31日(日)

2018年

1月1日(月)

1月2日(火)

1月3日(水)

以上休診となります。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

尚 具合の悪くなった場合はTRVAの休診日対応の

電話番号におかけください。

診療時間は、12時から18時までです。

電話番号は 03-6809-7715 です。IMG_1840

2017年12月9日

ロンドン便り〜カラフルなもの

ロンドンの街で時々カラフルなものに出会います。日本人の私達には少し奇抜な感じで新鮮です。

 

image1 image2 image3

2017年12月2日

ロンドン便り〜チーズ

去年からイギリスのEU離脱の話題がよく出ていますが、EUはヨーロッパの各地の特産物がそれぞれの国で身近に感じるようになったきっかけなのではないかと思います。

こちらの人はチーズが大好物で、ちょっとした食材店(だいたいの店がパン、乳製品、肉、野菜などを置いている)や普通のスーパーでも置いてあるチーズのバラエティが豊富です。

フランスやスイス、スペインなどのチーズが多く牛や羊、ソフトチーズからセミハード、ハードチーズなど様々な種類のチーズが売っています。しかも値段がとても安く、物価の高いイギリスでもチーズはお得で良い物を食べれるのでこちらの人の好物になっているようです。

image3image2 3image1 3

↑どの食材店の前にもワンちゃん用の水飲み場が置いてあります。(さすが、ドッグフレンドリーな街ロンドンです!)

↑買ったチーズを並べると夕食が豪華に!

↑近くの食材店のチーズ

2017年11月27日

ロンドン便り〜ファーマーズマーケット

毎週水曜は、最寄りの駅前でファーマーズマーケットがやっています。農家の人が直接品物を持ってきて売っているファーマーズマーケットは色んな場所でやっています。

中でも、野菜と花はスーパーで買うよりも断然お安く安心して買うことができます。試食コーナーがあったり、お店の人と顔なじみになって話したりするのは、とても楽しく毎週水曜を楽しみにしています。

↓色んな種類のトマトが1パックになって売ってるもの

↓花屋さん

↓りんごの試食コーナー(こちらのりんごの種類の多さにはびっくりしました。どれを買ったら良いかわからないので取りあず全部試食)

 

image1

 

image2 image3

2017年11月20日

ロンドン便り〜バラ園

家から車で10分ほどのところにリージェンツパークという公園があり、その中にバラ園があります。お天気だった今日、気温は3℃の中バラ園を通ったところ、冬にも関わらずとても綺麗に管理されていることに驚きました。

夏に行った時はもちろんとても綺麗に咲いていたバラですが、冬でも綺麗に咲いていました。

そして、意外にもバラを見に来ている人や公園内のベンチで寛いでいる人の多いこと。寒くてもこんなに手入れされた植物をみると新鮮な気持ちにさせられるからでしょうか。
IMG_3650IMG_3656IMG_3659

2017年11月13日

ロンドン便り〜クリスマスモード

 

ハロウィンが終わった次の日からどの店もクリスマスモードになりました。早い店では9月頃からクリスマスグッズを売っているとこもありました。それだけ大きなイベントという事ですが、クリスマスの時期は街はどの店も閉まっていてひっそりしているロンドン。ちょうど、日本の昔のお正月に似ているでしょうか?みんな実家に戻って家で家庭料理でゆっくり過ごす時間みたいです。スーパーもほとんど閉まっています。

3度目のロンドンでの冬、今の時期に街のクリスマスモードを楽しむのがいいと思います。

IMG_3616IMG_3617IMG_3618

2017年11月10日

ロンドン便り〜地下鉄

ロンドンの地下鉄は、TUBEと呼ばれロンドンで働く人たちの通勤手段でもあり、観光客の移動手段でもあります。

地下鉄の駅の構内、例えばエレベーターを降りたちょっとした踊り場のような所、乗り換えのため地下道などにミュージシャンがよくいます。交通博物館でも、子供用に展示されている地下鉄のおもちゃにもミュージシャンの道具などセットされているので、こちらの人にとっては当たり前のことのようです。

先日、地下鉄に乗っていると地下鉄の車内でサックスやトランペットをやり始めたミュージシャンがいました。乗客は特にビックリすることもなく、ある人はミュージシャンが差し出してきた紙コップにチップを入れたり、入れない人もうるさいと言うような人は一人もいなく、ミュージシャン達は車内を移動していきました。(もちろん、私はビックリしていましたが。。。)

色々な人を受け入れるロンドンの人の文化が少し見えたように思いました。

IMG_3538IMG_3539IMG_3540

2017年11月7日

1 2 3 4 5 6 7 8 9