医院・設備紹介

ブログ

3月の休診

3月15日(木曜日)から3月16日(金曜日)まで休診します。

ご迷惑をおかけします。

宜しくお願いします。IMG_0068

2018年3月2日

春の健康診断が始まります

もうすぐフィラリア予防のシーズンになります。フィラリアを予防する前に血液検査でフィラリア検査をする必要があります。
3月からフィラリア検査を含めた春の健康診断が始まりますのでご案内します。

健診ベーシック
生化学19項目➕フィラリア検査
フィラリア検査とは、血液にフィラリアという虫がいないかどうかの検査です。これを行わないでフィラリアの薬を与え始めると、成虫がいた場合に虫の死骸が血管に詰まってしまう事があります。生化学検査では、肝臓や腎臓の機能など人間の健康診断と同じような内容の検査をします。

おすすめオプションはこちら↓

〜猫ちゃんシニア向け 〜
腎臓のバイオマーカー SDMA
甲状腺ホルモン検査 T4

高齢の猫ちゃんは慢性腎臓病と甲状腺機能亢進症という病気がとても多いので健康診断の時に詳しく検査する事が出来ます。

〜ワンちゃんの腎臓機能評価〜
シスタチンC

最近はワンちゃんにも腎臓病が多いので当院では詳しい検査をお勧めしております。

 

ロンドンワンちゃんスナップ

4BA568BA-B616-4FF2-9944-F877EC1E527796EFCB7D-F586-4AD6-BB9A-9F1A4F8E559B

3085432F-A5D7-4F5B-BF8A-DD48543D55EC

2018年2月28日

ロンドン便り〜電車の中にいる犬たち

 

 

 

以前ロンドンで交通機関に普通に犬が乗ってくる事を紹介しましたが、電車の中やホームで犬に会うとどうしてみんないい子にしてられるのか、排泄などをよく我慢しているなぁと不思議な気持ちになります。

駅のエレベーターに乗っていたダックス
976E6EEA-98A2-4D26-8E4A-2877E5375C3CCAF999A1-C5AD-4A09-97DE-CC92E7C89768電車内で良い子にしている中型犬

2018年2月15日

ロンドン便り〜アンティーク

イギリスでは古い物を大事にするという文化が根強くあり、家にしても古い物件の方が値段が高かったりします。街を歩いていてその辺にある物件が築70年などはざらにあり、ハリーポッターの映画で見られるような建物がアパート物件だったりします。なので、外観はとってもオシャレなのに中がマクドナルドだったりするような事もあって、やけに洒落たマクドナルドだなぁなんて事になります。

アンティークやチャリティショップの多さも、古い物を大事にするという文化の一つだと思います。写真はアンティークで買ったブローチ(中にはビクトリア時代の物も含まれます)と、まだエスプレッソという飲み方が一般的ではなかった時代のカップ(まさにエスプレッソサイズなのに!)。

0C2A1A4C-4A54-464B-8AF7-5AD2C689C0CAimage1 3

2018年2月11日

我が家の動物3

他、我が家の犬たちです。

チワワの「アイ」。12歳。
チワワ「ウー太郎」アイちゃんの息子。
チワワ「イモ」アイちゃんの娘、ウー太郎の妹なので名前がイモちゃんになりました。

今健在なのは、猫の「シマ」とチワワの3匹です。

ホームページのホーム写真に載っているラブラドールは
「チョコ」。先住の黒ラブから我が家で産まれました。先住の黒ラブは「ココ」で、2頭とも2008年と2009年に白血病と腎不全で永眠しましたが、いつまでも大事な我が家の愛犬2頭です。


うー太郎

7494EAD3-8CDA-41A8-8787-B6243C8437C0

イモちゃん
2651DFB8-37AB-4297-9E55-990A7AD50A6F

 

 

 

 

アイちゃん

BCC24BA0-EB68-4746-A08D-D47F350DD599

2018年2月6日

我が家の動物2

前回に続いて、我が家の動物の紹介です。

ホームページのホーム写真にも使われている先住の猫「トミ」。
シマと同じく交通事故がきっかけで我が家のメンバーになりました。交通事故では骨折をしていたのに、喉をゴロゴロ鳴らしていた子猫でした。とてもおっとりした性格の猫で甘えん坊です。こんなに人懐こい猫はいないと言うくらい人懐こい猫で、優しい性格の持ち主です。残念ながら老衰で昨年2017年9月に永眠しました。
「ユリ」
福島の保健所から来たラブラドールのMix(?)女の子。とても優しい性格ですが、いつも申し訳なさそうな感じでいます。散歩の後のご飯が大好きで、散歩に行くサインを出すと言葉通り飛んで喜びます。食後にお腹を出して寝ているところを見るとうちでリラックスしてくれてるなぁと、とっても可愛いゆりっぺ。年齢不詳でしたが、おそらく寿命を全うして2017年8月に永眠。


C7502941-47BF-4AA1-8070-A3AEED574D3C
B434A5D9-7F93-4AC8-A3F5-424655C1E55F

2018年1月31日

我が家の動物

前回我が家の猫の写真を載せたので、紹介しておこうと思います。
名前「シマ」、茶トラの雄です。
交通事故で病院に来たのがきっかけで我が家で飼う事になって十数年前です。
性格はとても臆病ですが、食いしん坊でご飯のためなら少しくらい怖くても我慢して食べる方をとります。

 

CF8BA612-B95F-4F50-905F-1128148657FE29C2EBC3-1D74-4CAE-9EAE-D90480903721

2018年1月26日

猫のストレス

猫ちゃんは動物病院に来るとワンちゃんに比べてとてもストレスを感じているなぁと思うケースが多くあります。家の中でも、留守番の多い猫ちゃんや多頭飼いの猫ちゃんの飼い主さんからトイレの問題行動や自分の被毛をむしる常同行動を相談されるケースも少なくありません。

以前ブログで猫ちゃんにも知育トイというものを紹介させて頂き猫の捕食本能を満たしてあげることが、今すぐ出来るストレス解消法の一つですが、他にも色々出来る事があります。今回は、お世話になっている行動学の獣医の先生が監修したサイトがとてもわかりやすいので紹介します。

http://www.cat-stress.com/

少しでも猫ちゃんが快適に生活出来るお手伝いが出来ればと思います。何か困った事があれば相談に来て下さいね。ちなみに我が家の猫は、とても臆病な性格で大学時代に一人暮らしのアパートで一緒に生活していたにも関わらず、家を出てしまった私が久しぶりに戻ると隠れてしまいます。困った行動ではないですが、寂しいものです。。。6BFE7D62-F36E-4104-99B3-9FC9A18B094C

2018年1月19日

スタッフ紹介のページを更新しました

ホームページのスタッフ紹介を更新したので、だいぶ遅くなりましたが自己紹介を少し付け加えておきたいと思います。私、中嶋智絵は旧姓は鈴木でして両親と同じ日本大学の獣医学科を卒業しました。大学では外科学研究室で大学病院で手術のお手伝いをしながら学ばせてもらいました。整形外科、神経外科に力を入れている江東区の動物病院や千葉幕張の動物病院で働いて、獣医行動学の分野を勉強して、ペットの困った行動の相談などを受けてきました。現在は夫の仕事の関係でイギリスに暮らし子育てをして2年になります。(そういう訳でブログではあまり動物病院とは関係ないロンドンでの暮らしをアップしたりしています。)
幼い頃から、動物が家族の一員として生活して来たので今後は飼い主さんとペットのより良い関係を築くお手伝いが出来るような獣医療を提供していけたらと思っています。(5月に第二子出産後少ししたら現場の仕事に復帰する予定です。)よろしくお願いします。

 

ロンドンに来てからスコーンを食べる機会が増えました。
image2image1

2018年1月13日

ロンドン便り〜ホメオパシー

 

イギリスでは、NHSという無料の医療サービスがありますが、いざ病気になった時にかかると、予約が取りにくかったり、予約が勝手にキャンセルされていたり、血液検査の結果を受け取るのに何週間も待たされたり、、、と人手不足なのでしょうがサービスはあまり良くないようです。
その代わりなんでしょうか、近所のドラッグストアや健康グッズ屋さんなどで、ホメオパシーやアロマセラピーなどの代替治療のグッズが簡単に手に入ります。
ならば、利用してみようと思い、本を読み効果を試してみました。胃腸障害の時にホメオパシー使ってみましたが、私にはアロマセラピーほどの効果は得られず、また別の症状が出た時に使ってみようと思います。

アニマルアロマセラピーを勉強したので動物のホメオパシーも勉強しようと、少し勉強中です。また使えそうな情報があればシェアしていきたいと思います。

(写真は、イギリス名物フィッシュアンドチップス、意外に美味しいお店も沢山あります!)
image3

2018年1月9日

1 2 3 4 5 6 7 9